腰椎ヘルニア

当院では、コロナウイルス対策に
取組んでおります。

安心してご来院ください。

  1. スタッフはマスク着用とうがいと手洗いの徹底
  2. スタッフの体調管理(体温管理)
  3. 先生の施術前後のうがいと手洗い除菌
  4. 施術環境の衛生管理を徹底
  5. 院内環境の衛生管理を徹底

このようなお悩み
\ありませんか?/

  • 腰・股関節・太もも・ふくらはぎに神経痛や痛みがある。
  • 病院でヘルニアと判断されたが、骨の隙間が狭いから仕方ないと言われた。
  • 病院で湿布
  • 薬を処方され、注射やリハビリも受けているが良くならない。
  • 整骨院で腰のマッサージを受けたがその場だけで効果がない。
  • 寝付けないほどの痛みで、日常生活に支障をきたしている。

そのお悩み、
当院にお任せ下さい!

<お悩みの方を改善へ>

お客様の喜びのお声が
信頼の証です/

今までの痛みが嘘のようです!

肩こりは体質のものだと自分に言い聞かせていました

私は、数年前に病院でヘルニアと診断され、ずっとリハビリに通っていました。

 

歩くのが本当につらい状態だったので、仕事や家事をするのが本当にしんどくて、休憩したいとばかり思っていました。注射を打っても打っても症状が回復する気配がなく不安が膨らんでいくばかり。

子供もいるので仕事を休むわけにもいかず身も心も疲弊していました。

 

同じことをしていても変わらないと思い、友人に身体のことを相談すると武庫之荘駅前整骨院サキュレさんを紹介してくれました。

 

初めての時にヘルニアになった原因を教えてもらい、それがわかったことで安心できて嬉しかった事をすごく覚えています。

 

施術を受けてみると少しずつ回復していき、今では歩いても痛みを感じなくなりました。イスの座り方など普段の生活習慣で腰に負担をかけない方法も教えてくれました。

 

以前は身体的にも精神的にも辛かったですが、今では武庫之荘駅前整骨院サキュレさんがあるので安心しています。

大野 裕子様(50代/職業:会社員)

仕事を辞める寸前だったのに重い物も持てるようになりました

10代の時にヘルニアになってしまい、我慢しながら仕事をしていました。

 

今までにいろんな病院やマッサージ、鍼灸、カイロプラクティックなどに通ってきましたが、何をしても一時的に痛みがマシになる程度の効果しかありませんでした。

 

それでも一時的でも楽になれればと繰り返しているうちに悪化してしまい、仕事ができなくなりました。

 

散々いろんな所に行ってきたので、失礼ながらここの整骨院も正直初めはあまり期待していませんでした。もしかしたらと多少の期待もありましたが不安の方が大きかったです。

 

ただ、しっかり話を聞いてくれて、検査後に何が原因で痛みが起こっているのか骨の模型を使って説明してもらえた事、どれくらいの期間でだいたい何回くらいでどういう風に改善していくのかを説明してくれた事が印象的で信じてみようと思えました。

 

1回目の施術からかなり楽になったので驚きました。

 

通院するたびに徐々に痛みが減っていき、今では痛みがほとんどなくなり、仕事で重いものを不安なく持てるようになり助かってます。

 

今は月に1〜2回は予防のためメンテナンスに通っています。本当にありがとうございます。

保田 悟様(40代/職業:溶接業)

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

なぜ?当院の施術は
こんなにも腰椎ヘルニア

改善されるのか?

他で良くならない理由

自律神経失調症

「薬や注射・リハビリ、腰のマッサージがその場しのぎに過ぎないから」

 

病院でレントゲンやMRIなどの検査をして腰椎ヘルニアと判断を受けると手術を勧められるか、薬や湿布を処方され、注射を打ったりリハビリを受ける事になります。

しかしこれらを受けていても中々症状が良くならないという方や、手術だけは避けたいという方が、整骨院や整体院で腰のマッサージや矯正を受けるも、その場は良いような気がするけど結局は元に戻ってしまう。

 

当院に来られている腰椎ヘルニアの方の多くは、そのような経緯で困っておられていました。

 

どうしてそんな事になってしまうのか?

それはヘルニアの出ている腰や症状の出ている腰・股関節・太もも・ふくらはぎにしか対処せずに、ヘルニアになった原因を見過ごしているからです。  いくら良い技術や施術を行ってもヘルニアになった原因を見過ごしていては、ヘルニアの症状を改善すること中々難しいでしょう。

症状についての説明 

腰椎ヘルニアとは、5つある腰の骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板に、強度の圧力または継続的な圧力が掛かり続ける事で、椎間板の中にある髄核というゲル状の組織が外に飛び出てしまった状態の事をいいます。

 

ただし、ただ飛び出ただけでは痛みや神経痛は発症しません。

 

東北医大の研究によると、今までに症状が出た事のない20歳?80歳の成人に検査を行ったところ、52%もの人にヘルニアが見つかったというデータがあります。

 

ヘルニアがあるにも関わらずなぜ症状が無い人が52%もいるのでしょうか?

 

それは飛び出た方向に神経があり、その神経を髄核が圧迫して初めてヘルニアの症状を発症するからなのです。

 

またヘルニア以外の理由で同じ痛みや神経痛を発症する事は多々あります。

 

ですので画像初見でヘルニアが見つかったという理由だけで、痛みや神経痛の原因をヘルニアと判断された場合は注意が必要です。

腰椎ヘルニアの症状には、腰や股関節・太もも・ふくらはぎの痛みや神経痛、歩行困難、筋力低下などがあります。椅子に座わったり前かがみの姿勢になると、痛みや神経痛が強くなることが多いです。またヘルニアの症状が悪化すると、膀胱直腸障害(残尿感、頻尿、失禁、尿路感染、頻便、便秘、便失禁)となる事もありますので注意が必要です。

頸椎・胸椎(背骨)の歪み

腰椎ヘルニアはヘルニアが起きている椎間板に原因があると考えられがちですが、それは直接的な原因に過ぎないため、いくら腰をリハビリしてもマッサージしても改善しないのです。

 

当院に来られる腰椎ヘルニアを発症している方の多くは、腰に継続的に圧力が加わる事で発症しています。

 

長時間のデスクワークや腰に負荷の掛かる仕事をされている方などが、それに当たります。

背骨は首が7個、背中が12個、腰が5個、の計24個の骨で構成されています。

 

ですので腰だけに圧力が掛かったとしても、構造上背中や首の背骨が圧力を逃す役割をしてくれる為、腰への負担を軽減してくれます。

 

ですが背中や首に歪みを慢性的に抱えている場合、この圧力を逃すことができず腰に集中してしまいヘルニアを発症するのです。

 

ですのでヘルニアが起きている腰の調整だけでは無く、背中と首の背骨の歪みを調整することが根本からヘルニアを改善するためには必要になります。

 

当院での改善法

腰椎ヘルニアを発症するまでの体の変化をわかりやすく表記します。

①生理学的循環の異常(リンパや血液etcの巡りが悪化する)→②解剖学的異常(関節が歪んだり、筋肉が凝るetc)→③組織変性(骨の変形、筋肉の損傷、皮膚の変性、ヘルニアetc)

このような身体の変化を辿って状態は悪化していきます。

 

腰椎ヘルニアは椎間板が破れて髄核が出ている状態なので、③組織変性になります。

ですので腰椎ヘルニアは①と②にアプローチする事が、早期改善への1番の方法と言えるでしょう。

 

 

当院の腰椎ヘルニア改善プログラム

①全身循環整体

腰椎ヘルニアが発症するまでに全身の循環が悪くなっていると、いくらマッサージをしたり背骨を矯正しても循環が悪いままなので、その場しのぎにしか過ぎず効果を感じる事が難しいです。 そこで当院では背骨を調整する前に、全身の循環(血液やリンパ液など)を良くする、全身循環整体を行い生理学的循環を良くします。そうする事で施術後の効果を持続させるだけでなく、翌朝にスッキリ目覚めることが出来るようになります。

②背骨調整

全身の循環が良くなった状態で背骨の検査を行います。 そこで可動域に異常のある背骨をくまなく調整することで、腰へかかる負荷を取り除きます。 そうする事でヘルニアの症状が改善するだけでなく、今後日常生活で腰に負荷の掛かる姿勢や動きをしたとしても、ヘルニアの再発を防ぐことが出来るのです。

3月25日までに
\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

初回 2,750円
(通常1回 4,950円)

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと2名

電話番号:06-6433-0022

受付時間
10:00~14:00、16:30~20:30
土曜午後 15:00~18:00

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする